第4回研究会 181208「メディア・リテラシー理論の現在」のお知らせ

Information about 4th Media Infra Research Project Meeting
第4回インフラ・リテラシー研究会のお知らせ

Topic:
Theoretical Frontline of Media Literacy: Reports of Global Media and Information Literacy Week 2018 and Media Education Summit 2018

メディア・リテラシー理論の現在:Global Media and Information Literacy Week 2018Media Education Summit 2018に参加して

Date:
2018年12月8日(土)14:00-17:00

Venue:
#92B, 9F, Engineering New 2nd Building, Hongo Campus, University of Tokyo

東京大学本郷キャンパス工学部新二号館9階92B

Language:
Japanese (Discussion partly in English)
日本語(質疑応答は一部英語)

Speakers:
Hajime Hasegawa (Meiji Gakuin University)
長谷川一(明治学院大学)

Shin Mizukoshi (University of Tokyo)
水越伸(東京大学)

Chair:
Yuko Tsuchiya (Hiroshima University of Economics)
土屋祐子(広島経済大学)

Overview:
In the autumn of 2018, there were two international conferences of media literacy, one in Lithuania, another in Hongkong. Hajime Hasegawa and Shin Mizukoshi of the new literacy for media infrastructure project will give gerenal reviews of them. Their focus points will be theoretical discussions. Yuko Tsuchiya as a chair will cotextualize their reviews in an international trend.

2018年秋に、世界的なメディア・リテラシーの会合がリトアニア(Global Media and Information Literacy Week 2018)と香港(Media Education Summit 2018)で開催されました。メディア・インフラ研究会の長谷川はリトアニアへ、水越は香港へ向かい、それぞれの会合に参加、発表や意見交換などをしてきました。この研究会では両会合において、とくにメディア・インフラストラクチャー(デジタル・プラットフォーム)の台頭を踏まえて、いかなる理論的議論がなされていたかを報告し、参加者とともに議論をしていきます。
司会には、国際的なメディア・リテラシーの動向にくわしい土屋祐子さんをお迎えし、両報告者の発表を文脈づけていただきます。
現在のメディア・リテラシーの定義や理論枠組がどうもしっくりこないと感じているみなさま、どうぞふるってご参加ください。

RSVP and fee are not needed.
事前登録、参加費は必要ありません。

以上