[Report] T1・T2 Workshop: 風景写真とデジタル・プラットフォーム(2019.03.02)

日本語はこちら

On March 2, 2019, we ran a series of workshops titled “Landscape Photos and Digital Platform” that were designed as “Type 1 (T1)” and “Type 2 (T2)” workshop models. The aims of T1 and T2 workshops are to “reflect on one’s media infrastructure usage” and “critically reflect on the existence of media infrastructure” respectively (see “Theoretical background” for details of the categorization.)

The titles of the three workshops (translated from Japanese) are as follows:

  • Workshop 1 (WS1): Let’s rank the sceneries  – T1
  • Workshop 2 (WS2): Where were the photos taken?  – T1
  • Workshop 3 (WS3): What it was like to “search” in those days?  – T2

As the titles suggest, the participants were asked to search for the locations of the sceneries under certain conditions (details to follow.) Through these workshops, we wanted the participants to become conscious of the existence of media infrastructure – in this case search engines in particular – and to critically reflect on them.

Participants were 16 people between their late teens and mid 70s who were snowball sampled. They were divided into four groups, with each group having members whose age, gender and occupation varied to reflect our assumption that in a group discussion setting, having people with different media experiences may help participants become more objective towards their own media experiences.

WS1: Let’s rank the sceneries – T1

In this 40-minute workshop, participants were asked to choose 5 out of 10 different sceneries we prepared in advance and vote them in the order of which places they want to visit. Responses were entered through an online form, and the participants used their smartphones and finished the task within 10 minutes. Two different algorithms were immediately applied to the data gathered, and two sets of top 5 rankings chosen by the participants were meted out.  As the results were shown, one of the facilitators explained the difference between the two algorithms that were applied and demonstrated how the outcomes of rankings can vary even though the same data is used.


(Sorry, video is only in  Japanese)

WS2: Where were the photos taken? – T1

photos of WS2
Two photos of WS2

In this 45-minute workshop, participants worked as a group to find out the locations of two photos. Some people came forward, took pictures of the two photos and found their answers by utilizing reverse image search function on Google. Most were successful, although few of them didn’t reach the right answers despite taking the same step. Meanwhile, one group reached the answers by simply googling the key words they came up with. What was common among all participants was that everyone used Google, which led them to realize how much the search engine have become part of their daily lives.


(Sorry, video is only in Japanese)

WS3. What it was like to “search” in those days? – T2 

Participants were then given the next task, which is our WS 3: How would you search for the answers to the same questions as WS2 if you were back in a certain time, namely, in 1988 and 1998? We chose these two years because 1988 is the year when the Internet was not popular, and 1998 was the year right before Google search engine took off in society. For reference, we provided few data regarding the media environment of those times along with books and magazines related to those years. In the final part of the 130-minute workshop, each group was to give a presentation of their ideas.


(Sorry, video is only in Japanese)

Once the discussions began, senior members of the group began to reflect and talk about their media experiences back in those years, while the younger participants listened and asked questions. Everyone used their smartphones or computers to further search for information while the discussions continued.

In the end, the groups from 1988 said this is how they would have found the answers back then:

  • Visit the library and look for books and information
  • Look up the encyclopedia
  • Ask friends and others who love to travel and may have some clues
  • Consult experts who may have knowledge, such as travel agents and researchers
  • Reach out to the media, such as TV stations and newspapers
  • Travel

The 1998 groups also mentioned several other possibilities in addition to the above:

  • Use internet forums and ask
  • Utilize your own website and seek answers
  • Ask friends via e-mail with the photos attached

Preliminary analysis

Online surveys were carried out before and after the workshop activities. In the post-workshop survey, a large majority, or 94 percent, said they enjoyed the workshop, and over 80 percent also acknowledged that they became more conscious of online platforms. When asked if they feel the need for more people to experience such workshops, 93 percent agreed. Here are some of their comments:

  • It is valuable for the young people to consider the pros and cons of platforms
  • We don’t have the opportunity to reflect on the media environment of the years before we were born, so this is a valuable experience
  • It is necessary to redefine the contemporary world by comparing how we gather information in the past and today
  • I have been concerned about relying heavily on platforms like Google and amazon that are so dominant

Our preliminary analysis shows that the three workshops have achieved their aims, which are to “reflect on one’s media infrastructure usage” and “critically reflect on the existence of media infrastructure.”

(Setsuko Kamiya & Atsushi Udagawa)


2019年3月2日、インフラリテラシー・プロジェクトでは、「風景写真とデジタル・プラットフォーム」と題し、東京大学本郷キャンパスにおいて一連の3つのワークショップ(以下WS)を実施した。このWSは、プロジェクトで構想している4類型モデルのうち、T1(自分のメディア・インフラ利用を振り返ることができる)と、T2(メディア・インフラという存在を批判的に意識できる)に相当するものだった。

WSのねらいは、風景写真の「検索」という行為を通じて、「検索エンジン」というメディア・インフラの存在に気づき(T1)、それを批判的に意識する(T2)というもので、以下の3つのWSを連続展開するかたちで実施した。

  • WS1. 風景写真ランキングを作ってみよう(40分):T1
  • WS2. 風景写真の場所を探してみよう(45分):T1
  • WS3. 過去の「検索」を想像してみよう(130分):T2

参加者は、プロジェクトメンバーの知り合いなどからスノーボール式で声かけをした、10代から70代の男女計16名。この16名を、4グループ(1グループ4名)に分けた。その際、各グループとも異なる世代、性別、職業の人が混じり合うように配置した。これは、メディア経験が(特に時代的に)異なる人々がディスカッションをすることで、メディアの日常性を相対化しやすくなるだろうという仮説に基づいていた。

WS1. 風景写真ランキングを作ってみよう

WS1では、まず参加者に10枚の風景写真を見せ、自分が行ってみたい、見てみたいと思う順に1位から5位まで順位づけをしてもらった。順位づけは、スマートフォンを用い、オンラインのフォームを使っておこなった。参加者は、ホワイトボードに貼られた風景写真をじっくりと見て回り、各自のスマートフォンを使って1位から5位までの順位づけを行なった。16名全員が10分以内に順位づけを終えていた。

オンラインで収集した各参加者の順位づけ結果をもとに、次の2つのタイプの重みづけのアルゴリズムを用い、2種類のランキングを算出した。

Ranking1
ランキングの計算方法1
Ranking2
ランキングの計算方法2

この2種類の集計結果を参加者に示し、見比べてもらい、さらに2種類の集計アルゴリズムについて解説をおこなうことで、ランキングの算出方法の多様性についての気づきを促したのである。

集計した結果、2つのアルゴリズムによって異なるランキングが算出された。

result of WS1
ランキングの集計結果

最後に、このWSで説明したアルゴリズムはごく簡単なものではあるが、日ごろ使っている検索エンジンの中核部分でおこなわれていることと基本的には同じ仕組みを持っていること、アルゴリズムのちがいが多様な検索結果を生み出しうることなどについて短く講義をおこなった。

WS2. 風景写真の場所を探してみよう

photos of WS2
WS2の課題(左:奈良井宿・右:イスラエル・ハイファ)

WS2では、WS1で使用した10枚の写真から2枚を抜き出して参加者に示した。参加者には、手元に自身のスマートフォンを用意してもらい、写真だけを頼りに、その風景が撮影された場所がどこなのかをグループで探してもらった。

あるグループでは、風景写真をスマートフォンで再撮影し、それをGoogleの画像検索で検索して正答を導いていた。同じやり方で数人がトライしたが、正答にたどり着けないケースもあった。他のグループでは、Googleのキーワード検索を試行錯誤し正答にたどり着いていた。

キーワードは、その写真から各グループや参加者が思い浮かべる場所のイメージや予想に大きく左右されていた。また、日本の奈良井宿は比較的容易であったものの、イスラエルのハイファについては、そうしたイメージが思い浮かばなかったり、典型的な画像の撮られる位置や角度とは異なっているために検索が出来なかったりといったむずかしさが際立っていた。

いずれにしても、利用したツールは全員がGoogleであり、他のツールを利用した人はいなかった。このこと自体を確認することで、検索エンジンの日常性に気づく機会となった。

WS3. 過去の「検索」を想像してみよう

過去にタイムスリップしたとして、その時代にWS2で使った写真の風景がどこかを探すにはどうすればよいか? WS3ではこれをグループ内で話し合い、まとめ、その内容を発表してもらった。タイムスリップ先は1988年と1998年。前者はインターネットがまだ一般に使われていなかった時代、後者はGoogle登場の年であり、検索エンジン黎明期である。

WS3では、Googleがなかった時代のメディア環境について、年長者が年少者に教えるという場面が多く観察された。それによって、現代の検索環境が当たり前ではないことに、年長者も年少者もたがいに気づき合う状況が生じた。

1988年グループからは「図書館・百科事典で調べる」「旅行好きの友人・知人を探す」「専門家(旅行会社・研究者)に聞く」「放送局や新聞社に聞く」「実際に旅行に行く」などがあがった。

1998年グループからは上記に加えて、「インターネットの掲示板で尋ねる」「自分のホームページに写真を掲載して答えを募集する」「知人に(写真を添付した)メールを同報する」「懸賞金をつけてインターネットの掲示板に出す」などのアイデアも出た。

output of WS3
WS3のアウトプット例

 

WS後の質問紙調査

参加者には、WS実施前・実施後にそれぞれオンラインでの質問紙アンケートに答えてもらった。WSの評価を問う設問では、参加者の94%が「楽しかった」「内容に満足した」と回答しており、参加者の反応はおおむね好評だった。とくに「プラットフォームについて自分で考えたい」が88%、「見方が変わった気がする」が81%と、多数がプラットフォームに対して何らかの気づきを得た自覚があることが示された。

WSの必要度を問う設問では「このようなワークショップは必要だ」が93%となり、その理由を尋ねる自由記述では、以下のような回答がみられた。

  • 教育現場でプラットホームの功罪を若い人たちに考えてもらうことは、とても価値があり、是非広まってほしい
  • 自分が生きていない時代背景やメディア環境について、詳しく知ることができる機会はなかなか無い
  • 昔の時代背景や情報を得るための行動と今を比較して、現代を再定義しなおすことは必要だ
  • Googleやamason(原文ママ)が支配的なプラットフォームを持っている中、物事がそれに頼り切っていいのか考えることが多い

これら一連のWSを通じて、検索エンジンというメディア・インフラそのもの日常性に気づき、そのオルタナティブを構想する視座を得るという目的に対し、一定の到達がみられたと考えられる。

(神谷 説子・宇田川 敦史)