Recordings for the online seminar “AI and Society: New Media Literacy and Politics” available

Presentation materials and video recordings of the online seminar “AI and Society: New Media Literacy and Politics” in association with  ICCE, Goldsmiths, University of London (June 9, 2021) were published!

2021年6月9日にロンドン大学ゴールドスミスカレッジ クリエイティブ&カルチュラルアントレプレナーシップ研究所主催により開催されたオンラインセミナー「AI and Society: New Media Literacy and Politics」の発表資料と動画が公開されました!

Speakers and Presentations

Prof Kaori Hayashi (The Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, Vice President of the University of Tokyo)
林香里(東京大学副学長・東京大学大学院情報学環)
Challenges for a Gender-Equal Society in the AI Era (PowerPoint presentation)

Prof Shin Mizukoshi (The Interfaculty Initiative in Information Studies, the University of Tokyo
水越伸(東京大学大学院情報学環)
New Literacy for Media Infrastructure and “Media Biotope” (Dropbox Paper)

Atsushi Udagawa (The Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, the University of Tokyo)
宇田川敦史(東京大学大学院学際情報学府)
Google Search Engine as “AI”: Historical Discourses about Search Engine Optimization (SEO) in Japan (Dropbox Paper)

Discussant
Prof Matthew Fuller (Department of Media, Communications and Cultural Studies, Goldsmiths, University of London)
マシュー・フラー(ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ)

Chaired by
Dr Tomoko Tamari (Institute for Creative & Cultural Entrepreneurship, Goldsmiths, University of London)
玉利智子(ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ)

Jun.9 Online Seminar AI and Society: New Media Literacy and Politics

Artificial intelligence is increasingly becoming ubiquitous in society. In this online seminar hosted by the Institute for Creative & Cultural Entrepreneurship, Goldsmiths, University of London, Media studies scholars critically explore questions of new media ethics and literacy arising from the increasing use of immersive AI technologies in society.

Kaori Hayashi, the director of B’AI Global Forum and vice president of the University of Tokyo, discusses the ethical framework of AI.

Shin Mizukoshi and Atsushi Udagawa from “A new literacy for media infrastructure” project make presentations about the educational practices for new media infrastructure literacy.

Matthew Fuller and Dr. Tomoko Tamari of the Goldsmiths, University of London join the seminar.

Please join us and register from the following URL. (Free of charge)

https://www.eventbrite.co.uk/e/online-seminar-ai-and-society-new-media-literacy-and-politics-tickets-153610123013

AIが社会の様々な分野に浸透しつつあります。このオンラインセミナーは、ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ創造的文化的起業家研究所が主催し、メディア研究者らがAIをめぐる倫理やリテラシーのあり方について議論を展開します。

B’AI グローバル・フォーラムの林香里氏がAI社会の倫理のあり方について、メディアインフラ・リテラシー・プロジェクトの水越伸氏、宇田川敦史氏がAIと密接に結びついたメディアプラットフォームのリテラシーについて発表し、ゴールドスミスカレッジのマシュー・フラー氏が討論者、玉利智子氏(ゴールドスミス)が司会者として登壇します。

以下のURLからふるってご登録ください。(参加無料)

https://www.eventbrite.co.uk/e/online-seminar-ai-and-society-new-media-literacy-and-politics-tickets-153610123013

About the seminar

Title

Online Seminar AI and Society: New Media Literacy and Politics

Date and Time

9 June 2021

9.00 am – 11.00 am (UK time), 17.00 pm – 19.00 pm (Japan time)

Speakers

Prof. Kaori Hayashi (The Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, Vice President of the University of Tokyo)

Prof. Shin Mizukoshi (The Interfaculty Initiative in Information Studies, the University of Tokyo)

Mr. Atsushi Udagawa (The Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, the University of Tokyo)

Discussant

Prof. Matthew Fuller (Department of Media, Communications and Cultural Studies, Goldsmiths, University of London)

Convened and Chaired by

Dr. Tomoko Tamari (Institute for Creative & Cultural Entrepreneurship, Goldsmiths, University of London)

Location

Online (Zoom)

Language

English

Detailed Information and Registration

https://www.eventbrite.co.uk/e/online-seminar-ai-and-society-new-media-literacy-and-politics-tickets-153610123013

An essay about Google’s ecosystem published on Dec. 29

本プロジェクトメンバーの宇田川敦史が執筆したインターネット広告におけるGoogleのテクノロジーに関するエッセイが講談社現代新書Webに掲載されました。近年主流となった「行動ターゲティング広告」について、その問題点と今後のあり方について論じています。

以下のリンクからご覧いただけます。

Oct.24th Sketching Twitter Workshop

On Oct. 24th, 2020, the infra-literacy project conducted an online T1/T2 type workshop called “Let’s make a sketch of Twitter”.

A detailed report will come soon.

2020年10月24日、インフラリテラシー・プロジェクトでは「Twitterを絵に描いてみよう」と題したオンラインワークショップを開催しました。

詳細なレポートは後ほど掲載される予定です。

An essay about Google’s history published on Sep. 13

本プロジェクトメンバーの宇田川敦史が執筆した検索エンジンとGoogleの歴史とテクノロジーに関するエッセイが講談社現代新書Webに掲載されました。もっとも日常的なメディア・インフラのひとつとなった検索エンジンと社会の相互構成関係について論じています。

以下のリンクからご覧いただけます。

Paper on the ongoing project published in March 2020

We have published a paper (in Japanese) reporting the progress of our ongoing project on March 2020. In this paper titled “A New Literacy for Media Infrastructure: Theoretical Examination and Learning Program Development” we describe the theoretical framework and provide examples of the workshops we have designed and practiced to develop media infra literacy.

The paper is available from the link below (Sorry, Japanese only):

Shin Mizukoshi, Atsushi Udagawa, Masahiro Katsuno and Setsuko Kamiya (2020) . A New Literacy for Media Infrastructure: Theoretical Examination and Learning Program Development. Journal of Information Studies, Interfaculty Initiative in Information Studies, The University of Tokyo. (98) pp.1-30.

本プロジェクトの中間的な成果をまとめた論文「メディア・インフラのリテラシー -その理論構築と学習プログラムの開発-」が2020年3月に刊行されました。本論文は、プロジェクトの理論的な枠組みから、メディア・インフラのリテラシーを育成するためのワークショップ実践のデザインまで、これまでの取り組みについて論じたものです。

以下のリンクからご覧いただけます。

水越 伸・宇田川 敦史・勝野 正博・神谷 説子 (2020). 「メディア・インフラのリテラシー -その理論構築と学習プログラムの開発-」『東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究』(98) pp.1-30.

[Report] T1・T2 Workshop: 風景写真とデジタル・プラットフォーム(2019.03.02)

日本語はこちら

On March 2, 2019, we ran a series of workshops titled “Landscape Photos and Digital Platform” that were designed as “Type 1 (T1)” and “Type 2 (T2)” workshop models. The aims of T1 and T2 workshops are to “reflect on one’s media infrastructure usage” and “critically reflect on the existence of media infrastructure” respectively (see “Theoretical background” for details of the categorization.)

The titles of the three workshops (translated from Japanese) are as follows:

  • Workshop 1 (WS1): Let’s rank the sceneries  – T1
  • Workshop 2 (WS2): Where were the photos taken?  – T1
  • Workshop 3 (WS3): What it was like to “search” in those days?  – T2

Continue reading “[Report] T1・T2 Workshop: 風景写真とデジタル・プラットフォーム(2019.03.02)”

(Cancellation!) Mar. 21-22, 2020 Infra Literacy Project Annual Seminar インフラリテラシー・プロジェクト年度末セミナー中止!

(2019.2.25.更新)
新型コロナウイルスの感染が拡大する状況を鑑みて、下記の年度末セミナーを中止することとなりました。青森公立大学の関係者のみなさま、参加予定だったみなさまにはご迷惑をおかけして申しわけありませんが、どうかご理解いただければと思います。来年度、なんらかのイベントを開催する予定で、その際にはまたお知らせいたします。

水越伸&「インフラリテラシー・プロジェクト」メンバー一同

(Latest Info of February 25, 2019.)
Due to the circumstance of the rapid spread of COVID-19 throughout Japan, we have to announce that we will cancel the second annual seminar at Aomori.
We are sorry for the faculty members of the Aomori Public University and expective participants.
We will hold another academic event in the next academic year that will start in April.

Shin Mizukoshi and members of the Infra Literacy Project.

Continue reading “(Cancellation!) Mar. 21-22, 2020 Infra Literacy Project Annual Seminar インフラリテラシー・プロジェクト年度末セミナー中止!”

[Report] Discussions in Aomori (2018.03.03-05)

English summary follows

2019年3月3日から3月5日にかけて、メディアインフラ・リテラシー・プロジェクトのメンバー4名(水越伸・神谷説子・宇田川敦史・吉村奏)は、青森の地を訪問し、メディア・インフラストラクチャーのリテラシーについて検討するため、2名の方と研究会を開催した。それぞれ「放送」と「携帯電話」という異なる「インフラストラクチャー」について、第一人者にお話を伺い、ディスカッションを行った。以下はその記録である。

Continue reading “[Report] Discussions in Aomori (2018.03.03-05)”

[Report] Seminar #4: Theoretical Frontline of Media Literacy (2018.12.08)

English Follows

2018年12月8日(土)、東京大学本郷キャンパスにて、第4回目の研究会として「メディア・リテラシー理論の現在:Global Media and Information Literacy Week 2018Media Education Summit 2018に参加して」が開催された。
本研究会は、インフラ・リテラシー研究会と、日本教育工学会のSIG-08(メディア・リテラシー、メディア教育)の共催によるもので、 2018年秋開催された国際的なメディア・リテラシーの会合の報告を中心に、メディア・インフラストラクチャーに関する議論の今後について展望するものであった。 Continue reading “[Report] Seminar #4: Theoretical Frontline of Media Literacy (2018.12.08)”