4/2 新型コロナ禍のメディア・リテラシーについてエッセイ公開(水越伸)

2021年4月2日に講談社ブルーバックス・オンラインで水越伸が、新型コロナ禍のメディア・リテラシーの状況と、その新たなあり方についてのエッセイを公開しました。

「非常時だからメディア・リテラシーが大切という声がうさん臭い理由:答えは『寄生虫』で描かれた知性に」

ブルーバックス・オンラインで水越が書いたその他のエッセイについては、こちらをご覧ください。

Paper on the ongoing project published in March 2020

We have published a paper (in Japanese) reporting the progress of our ongoing project on March 2020. In this paper titled “A New Literacy for Media Infrastructure: Theoretical Examination and Learning Program Development” we describe the theoretical framework and provide examples of the workshops we have designed and practiced to develop media infra literacy.

The paper is available from the link below (Sorry, Japanese only):

Shin Mizukoshi, Atsushi Udagawa, Masahiro Katsuno and Setsuko Kamiya (2020) . A New Literacy for Media Infrastructure: Theoretical Examination and Learning Program Development. Journal of Information Studies, Interfaculty Initiative in Information Studies, The University of Tokyo. (98) pp.1-30.

本プロジェクトの中間的な成果をまとめた論文「メディア・インフラのリテラシー -その理論構築と学習プログラムの開発-」が2020年3月に刊行されました。本論文は、プロジェクトの理論的な枠組みから、メディア・インフラのリテラシーを育成するためのワークショップ実践のデザインまで、これまでの取り組みについて論じたものです。

以下のリンクからご覧いただけます。

水越 伸・宇田川 敦史・勝野 正博・神谷 説子 (2020). 「メディア・インフラのリテラシー -その理論構築と学習プログラムの開発-」『東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究』(98) pp.1-30.

Theoretical background of media literacy workshop models

(日本語は後ろにあります)

One of the objectives of this research project is to develop a set of workshops that will help participants nurture objective views, attitudes, and critical thinking skills toward media infrastructure. In other words, the workshops we develop are educational tools that will allow participants to “defamiliarize” media infrastructure that they take for granted in their daily lives. The primary participants are adults, ranging from undergraduate students to business people in different fields.  

Continue reading “Theoretical background of media literacy workshop models”

[Report] T1・T2 Workshop: 風景写真とデジタル・プラットフォーム(2019.03.02)

日本語はこちら

On March 2, 2019, we ran a series of workshops titled “Landscape Photos and Digital Platform” that were designed as “Type 1 (T1)” and “Type 2 (T2)” workshop models. The aims of T1 and T2 workshops are to “reflect on one’s media infrastructure usage” and “critically reflect on the existence of media infrastructure” respectively (see “Theoretical background” for details of the categorization.)

The titles of the three workshops (translated from Japanese) are as follows:

  • Workshop 1 (WS1): Let’s rank the sceneries  – T1
  • Workshop 2 (WS2): Where were the photos taken?  – T1
  • Workshop 3 (WS3): What it was like to “search” in those days?  – T2

Continue reading “[Report] T1・T2 Workshop: 風景写真とデジタル・プラットフォーム(2019.03.02)”

(Cancellation!) Mar. 21-22, 2020 Infra Literacy Project Annual Seminar インフラリテラシー・プロジェクト年度末セミナー中止!

(2019.2.25.更新)
新型コロナウイルスの感染が拡大する状況を鑑みて、下記の年度末セミナーを中止することとなりました。青森公立大学の関係者のみなさま、参加予定だったみなさまにはご迷惑をおかけして申しわけありませんが、どうかご理解いただければと思います。来年度、なんらかのイベントを開催する予定で、その際にはまたお知らせいたします。

水越伸&「インフラリテラシー・プロジェクト」メンバー一同

(Latest Info of February 25, 2019.)
Due to the circumstance of the rapid spread of COVID-19 throughout Japan, we have to announce that we will cancel the second annual seminar at Aomori.
We are sorry for the faculty members of the Aomori Public University and expective participants.
We will hold another academic event in the next academic year that will start in April.

Shin Mizukoshi and members of the Infra Literacy Project.

Continue reading “(Cancellation!) Mar. 21-22, 2020 Infra Literacy Project Annual Seminar インフラリテラシー・プロジェクト年度末セミナー中止!”

Sept. 21-22 Platform Cooperativism Sympo with Trebor Scholz

Symposium “Platform Cooperativism” Second Day
シンポジウム「プラットフォーム協同組合主義の現在」2日目

International Seminar “Toolbox of Infra-Literacy”
国際セミナー「インフラリテラシーの道具箱」

日本語版は下部にあります

The New Literacy for Media Infrastructure Project will hold the 7th seminar on September 22, 2019, to report our ongoing activities which aim to establish a new media theory and design educational workshop programs to develop new media literacy in the era of media infrastructure.  

 At this English event, we will introduce the latest prototype of our workshop, followed by a discussion with panelists including Professor Trebor Scholz of the New School University, an advocate of the “Platform Cooperativism,” Professor Kazunori Mizushima of social thoughts and cultural studies, and Professor Junko Taguchi of a new field: architect education.
Registration is required for this free event.  

 This seminar is also part of the two-day international symposium on the present and future relationship of digital platform and co-operatives titled Platform Cooperativism”  jointly held by Japan Co-operative Alliance(JCA) and the Media Infra-Literacy Project of Shin Mizukoshi Lab, the University of Tokyo.  

 We look forward to seeing many of you there!   

Shin Mizukoshi, The New Literacy for Media Infrastructure Project 

  • Title:International Seminar: Toolbox of Infra-Literacy 
  • Date: September 22, 2019 13:30-17:00 
  • Venue: Nobuo Ishibashi Memorial Hall, 3F, The Daiwa Ubiquitous Computing Research Building, Hongo Campus, The University of Tokyo
    (Access → http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/access) 
  • This event will be free. Registration for the seminar is necessary: 
  • Language: English 
  • Host:   Shin Mizukoshi Lab, The University of Tokyo 
  • Contact: Infra-Literacy Project: infra@mediabiotope.com

Program  

  1. Opening(13:30-13:35/5min) 
  2. Overview of Infra-Literacy Project(13:35-14:00/25min)
    Shin Mizukoshi, Professor, The University of Tokyo 
  3. Media Landscape Workshop 2019(14:00-15:00/60min)
    Atsushi Udagawa, Masahiro Katsuno and Setsuko Kamiya, The University of Tokyo
  4. Break(15:00-15:15/15min)
  5. Panel Discussion: “How to Become Aware of the Existence of Media Platforms”(15:15-16:45/90min)
    Panelists:
    Trebor Scholz, Associate Professor, The New School University
    Kazunori Mizushima, Professor, Osaka Sangyo University
    Junko Taguchi, Project Assistant Professor, The University of Tokyo
    Chair: Shin Mizukoshi
  6. Closing remarks(16:45-17:00/15min)

This seminar is part of “A New Literacy for Media Infrastructure” research project supported by JSPS KAKENHI Grant-in-Aid for Scientific Research(B) from 2018 to 2020: Grant Number JP18H03343. 

For the first day’s information of the international symposium “Platform Cooperativism” on September 21, click here.

(日本語版)
国際セミナー
「インフラ・リテラシーの道具箱」のお知らせ

2018年度からはじまった「インフラリテラシー・プロジェクト(科研費基盤B:メディアインフラに対する批判的理解の育成を促すリテラシー研究の体系的構築)」のセミナー(第7回研究会)を下記の要領で開催します。

本プロジェクトでは、メディアのテキスト(コンテンツや表象)ではなく、メディアそのものにアプローチするリテラシー研究に取り組んできました。その中でも、特に重要な取り組みが、メディア・インフラのオルターナティブなあり方を想像するための、ワークショップ・プログラムです。本セミナーでは、最新のインフラリテラシー・ワークショップの事例共有を行います。続くパネルディスカッションでは、近年プラットフォームの新たなあり方を提唱しているTrebor Scholz氏をはじめ、社会思想史、メディア文化論の水嶋一憲氏、建築教育家の田口純子氏をお迎えし、今後のインフラ・リテラシー研究のあり方について議論を深めていきたいと思います。

本セミナーは、9/21(土)・9/22(日)に開催されるシンポジウム「プラットフォーム協同組合主義の現在の2日目のプログラムとして開催されます。本セミナーの参加は無料です。メディア論、メディア・リテラシー研究、ワークショップ研究をはじめ学際的な見地から幅広い議論ができればと思いますので、どうぞお誘い合わせの上ご参加ください。

The New Literacy for Media Infrastructure Project
代表:水越伸

  • タイトル:  国際セミナー「インフラリテラシーの道具箱」
  • 日時:      2019年9月22日(日)13:30~17:00
  • 会場:      東京大学本郷キャンパス ダイワユビキタス学術研究館 石橋信夫記念ホール(3階)
  • 参加申込: 以下のフォームから事前登録をお願いします(無料)
  • 使用言語:  英語
  • 主催:      東京大学大学院情報学環・水越研究室
  • 協力:      日本協同組合連携機構(JCA)
  • 問合せ先: インフラリテラシー・プロジェクト infra@mediabiotope.com

プログラム

  1. 開会挨拶(13:30~13:35/5分)
  2. インフラリテラシー・プロジェクトの概要(13:35~14:00/25分)
    水越 伸(東京大学大学院情報学環 教授)
  3. 「メディアランドスケープ・ワークショップ2019」報告(14:00~15:00/60分)
    宇田川 敦史(東京大学大学院学際情報学府 博士課程)
    勝野 正博(東京大学大学院学際情報学府 博士課程)
    神谷 説子(東京大学大学院学際情報学府 博士課程)
  4. 休憩(15:00~15:15/15分)
  5. パネルディスカッション「メディア・プラットフォームにいかに気づくか」(15:15~16:45/90分)
    司会:水越 伸
    パネリスト:
    トレバー・ショルツ(米国ニュースクール大学 准教授)
    水嶋 一憲(大阪産業大学経済学部 教授)
    田口 純子(東京大学大学院情報学環 特任助教)
  6.  閉会挨拶(16:45 – 17:00)

*本セミナーは研究プロジェクト「メディア・インフラに対する批判的理解の育成を促すリテラシー研究の体系的構築」(科学研究費基盤研究B 2018-2020年度 課題番号:18H03343)の一環として運営されています。


 

※シンポジウム「プラットフォーム協同組合主義の現在」第1日目についてはこちらをご参照ください。

 


June29-July28 Media Landscape WS

From June 29 to July 28, the infra-literacy project has been facilitating a long term workshop: Media Landscape Workshop with twelve participants from a variety of social sectors and academic disciplines in the Hongo campus, University of Tokyo.

A detailed report will come soon.

April 13 Mizukoshi’s essay about GAFA and the future of digital platforms

Shin Mizukoshi’s online essay in Japanese “Resistance to GAFA Empires: Re-thinking about the future of digital platforms” has been out on the Kodansha online essay. It discusses the financial resources of media from radio to facebook and examines the possibilities of cooperative management of digital platforms.

http://bit.ly/2U9IKsc_shin

2019年4月、水越伸のオンラインエッセイ「GAFA帝国への抗い:デジタル・プラットフォームの未来を問い直す」が講談社現代新書、およびブルーバックスのウェブサイトにアップされました。

メディアはいかに稼いでいるのか、どんな財源確保のしかたがありうるか。従来のマスメディアとは異なるメディア・インフラストラクチャーにおいて、そのことはどうなっているのかを論じたもので、この研究プロジェクトの成果を生かした内容となっています。

2018年度末セミナー(第6回研究会)報告

2018年4月より始まった本プロジェクトの初年度を締めくくる第6回研究会が2019年3月16日(土)午後に東京大学工学部新2号館で開催されました。講演、報告、パネルディスカッションと盛りだくさんな内容で、初年度を振り返り次年度以降の方向性を確認するとてもよい機会となりました。当日の概要が東京大学大学院情報学環HPで紹介されております。
 
The seminar to wrap up the first year of this 3-year research project was held on March 16, 2019. A brief report of this event has been posted on the Graduate School of Interdisciplinary Information Studies website:

 

東京大学大学院情報学環HP 「インフラ・リテラシー・プロジェクト研究会」
 
【2018年度第6回研究会のプログラムと登壇者】
 
挨拶:「プロジェクトの全体像について」
 水越伸(東京大学・プロジェクトメンバー)
講演:「機械状資本論からみたメディア・インフラストラクチャー」
 水嶋一憲(大阪産業大学)
報告:ワークショップ「風景写真とデジタル・プラットフォーム」報告
 駒谷真美(実践女子大学・プロジェクトメンバー)
 神谷説子(東京大学大学院・プロジェクトメンバー)
 宇田川敦史(東京大学大学院・プロジェクトメンバー)
パネルディスカッション:
 中橋雄(武蔵大学)
 水嶋一憲(大阪産業大学)
 川瀬達也(Yahoo! JAPAN)
 吉村奏(東京大学大学院・プロジェクトメンバー)
 水越伸(司会)